ライフハック

 【必見】JAFと保険付帯のロードサービス両方必要?

車を利用される方は日常的に不慮の事故や故障のトラブルがおきるリスクと隣り合わせにあります。

大多数の方はリスクを理解し任意保険(上乗せ保険)に加入したりJAFなどのロードサービスに加入をしていると思います。

最近では通販型の自動車保険のCMなどで紹介されているので認知度も高まってきてはいますがご自身の自動車保険の付帯サービスとして、車のトラブル時非常に役に立つロードサービスが付いているのをご存じでしょうか?

しかも自動車保険付帯のロードサービスを利用しても等級が下がったり保険料が増えることもありません。

この付帯サービスが付いているにもかかわらず存在を知らない方も未だ多くいらっしゃいます。

※契約内容によっては付帯されていない自動車保険もあります。

そこで今回ロードサービスで保険を考えた場合、JAFに加盟するべきかというところの比較検討とお得情報を紹介したいと思います。

 JAFのサービスとはどんなもの?

JAFとは年会費を支払い会員になることにより、規定の範囲内の自動車や2輪車などのトラブルを応急処置やトラブル場所からの移動を何度でも無料で対応してもらえるサービスです。

そしてJAFのサービスというのは自動車保険のように車に対してではなく会員(人)に対してかかっているので会員が友達や家族の車、レンタカーでトラブルに遭遇した場合でも有効です。

それと便利なのは会員が運転していなくても同乗していればサービスを受けられることです。

そして会員でない場合でも既定の料金を支払うか、トラブル時に会員になればJAFのサービスを利用することができます。

これらは代表的なサービスの目安です。

 JAFの会員になるための費用

1年分+
自動振替
1年分2年分
一括
3年分
一括
5年分
一括
入会金1,500円
500円お得
2,000円1,500円
500円お得
1,000円
1,000円お得
無料
2,000円お得
年会費4,000円4,000円8,000円12,000円20,000円

クレジットカードによるオンライン入会であれば、
1年分+自動振替がオススメ!!

※車両番号の届出は不要です

1年分+自動振替:1年分のお申し込み手続きと同時に、次回のご継続方法を金融機関またはクレジットカードからのお支払いをご登録いただきます。オンライン入会はクレジットカードのみとなります。

 「JAF+保険」でプラスαの会員優遇サービスが受けられます

JAFと提携する保険会社であれば、通常の会員サービスにプラスαの優遇サービスが適用され、とても「お得」です。JAF会員限定の優遇サービスの内容は、各社によって異なりますので、下記の詳細ページにて内容をご確認ください。

[ご注意]
救援の際は自動車保険のコールセンターにお電話ください。
(JAF会員は、お客様の同意の下、原則、JAFへ手配されます。)

※自動車保険の契約内容によってはロードサービスが付帯されないものがございます。

※保険契約内容につきましては、ご契約の損害保険会社にお問い合わせください。

JAF会員限定!損害保険会社のJAF会員優遇サービスの内容

 さまざまな優待サービス

下記にて一例を紹介します。

飲食店やアミューズメント施設など割引などを受けられる優待が多数用意されています。

  JAF のデメリット

ここまではJAFの特徴とメリットなどを記載しましたがJAFにもデメリットだと思うことを紹介します。

注意としてここに記載することはエリアや隊員、拠点や指定工場によりすべてに当てはまるとは限りません。

まずJAFの運営的なことの説明になるのですが

実際トラブル現場に駆け付けるJAFの隊員というのは2種類います。

  1. JAFに雇用されたJAF直営の各拠点から出動する隊員
  2. JAFの認可を受けた指定工場

 待ち時間

JAFはすべての地域を網羅できるほど直営の拠点を持っていませんし小さな拠点は夜間は営業していないところもあります。なのでエリアごとに指定工場を設け委託して依頼をこなしています。

しかしそれでも地域によっては案件数にたいして出動できる台数のバランスが悪く依頼をしてから現場に隊員が到着するのに数時間待ちという状況もざらにあります。

同じ条件で保険付帯のロードサービスを依頼すれば30分で到着するような事例もあったりと待ち時間が長い傾向にあります。

 作業内容

JAFのサービス内容は基本的に現場で30分以内で完了する作業のみになります。

それ以上の作業になれば会員でも有料もしくは任意保険のサービスで有料分をカバーすることになります。

運べる距離も15kmと少なくこちらも超える場合、 有料もしくは任意保険のサービスで有料分をカバーすることになります。

上で「JAF+保険」でプラスαの会員優遇サービスというものを紹介しましたがこのサービスを利用する形をとります。

この 「JAF+保険」でプラスαの会員優遇サービス はJAF会員であることによって大きな恩恵を受けられるように紹介していますが、実際保険付帯のロードサービスは(内容によっては回数制限がありますが)基本的にサービス内容が手厚いのでJAFを間に入れなくても保険付帯サービスだけで十分まかなえます。

※バッテリー上がり、ガス欠などが回数制限があることが多いサービスになります。

それと私の知る限りJAF直営にはクレーン搭載のレッカー車がないので車両を道路外へ落としたなどの案件は簡単に上がるものでもあきらめて帰るという状況も何度も目にしています。

 各保険会社の主なサービス内容

自動車保険付帯のロードサービスの一例を紹介します。

保険付帯のサービスは各保険会社が委託しているアシスタンス会社が対応してくれます。

※1 無料搬送距離の金額は作業料金と合わせての金額
※2 JAFは部品代、燃料代などは実費
※3 各保険会社契約内容により詳細は異なることがあります
※4 ダイレクト系の保険はそれぞれの規定があります

目安としては15万円の場合ざっくり200km前後は無料で運んでもらえます。

ガス欠に関しても大体のアシスタンス会社は1回は燃料代も無料の場合が多いです。

あらゆる作業に関しても補償金額内で収まることがほとんどなので、基本的には無料で対応してもらえます。

長期連休時搬送先が閉まっていて車両を預かってもらう場合でも48時間は無料で対応してもらえる場合が多いです。

そしてロードサービスを使用しても保険料がことはありません。

実際保険のおまけとして考えた場合デメリットは見当たりません。

 結局JAFには入会すべき?

私の意見とすれば保険付帯のロードサービスでほぼ賄えるのでサービス内容の充実した保険に入っていれば困ることもなく、入会する必要はないと思います。

入っていいたほうがいい人としては

  • 車に乗る頻度が少なくバッテリー上がりのリスクが高い方
  • 優待などJAFのロードサービス以外のサービスを有効に活用できる方
  • 輸入車などでインキーをしたことがある方

などは加入するメリットがあると思いますが

会費分の元を取ろうと思えば優待をフル活用できないともったいないかなというのが私の意見です。

ここまで読んでいただいてもなおJAFに加入しておかないと不安な方などにおすすめのサービスがありますので紹介したいと思います。

 あるものを利用して無料でロードサービスを利用できガソリン代まで安くなる方法

ほかあるものをうまく活用すればJAFのロードサービスに近いサービスを無料で受けることができ、ガソリン代まで安くできる方法があります。

それはENEOSカード を利用するという方法になります。

この ENEOSカード には 搬送距離10kmまで無料、30分以内の現場対応無料などのロードサービスが実質無料で受けられるサービスが付帯しています。

JAF に比べると搬送距離が5kmほど短いですが無料でJAFに近いロードサービス内容を受けることが可能です。

そしてこのカードのいいところはENEOSを利用時かなりお得になるところです。

ENEOSで給油時 ENEOSカード で支払えば2円引き

そして今ENEOSが推しているエネキーというスピード決済ツールに紐付けてつかえばさらに1円引きなどの恩恵を受けられます。

※サービスステーションによって値引き内容等異なる場合があります

カードはC,P,Sタイプ3種類から選べるのですが私の場合Pタイプ1択です。

どのタイプも年会費1250円(初年度無料)が必要になりますが日常的に給油をされる方は年会費分以上のバックが得られます。

各カードごとにメリットはありますが一般的な使用状況で1番メリットを得やすいのがPタイプです。

Cタイプは月のエネオスでのお支払額によって割引率が変動します。最大で7万円以上の利用で1ℓ7円引きになりますがなかなかガソリンスタンドでコンスタントに毎月数万円を使われる方は少ないと思います。

Sタイプはガソリン、軽油2円引き、灯油1円引き年1回の利用で年会費無料になります。

PタイプはENEOSでの給油で1000円ごとに30ポイント貯まります。このポイントはそのままカードの支払いにあてることができるので大変お得です。

また家族カードは無料で作れるのでご夫婦で利用すればさらにお得です。

夫婦合わせて毎月14000円分給油する場合で比較してみましょう。

レギュラーガソリン140円で計算してみましょう。100ℓの給油になります。

 Cタイプ

1万円以上で2円引きで月200円

1年で2400円、年会費1250なので

年間1150円

 Sタイプ

常時2円引きで月200円

年会費は無料になるので

年間2400円

 Pタイプ

1000円で30ポイント付与で月420ポイント

1年で5040ポイント、年会費1250円なので

3790ポイント→そのまま支払いにあてられるので3790円分得することができます。

使用量にもよりますがPタイプをお勧めする理由が還元率の高さです。

 まとめ

  • JAFは使い方しだいではお得に、便利に活用できるが意識的、積極的に優待などを使わなければもったいない
  • ロードサービスは保険付帯のサービスでほぼ問題なく賄える
  • プラスでロードサービスを得たい場合クレジットカードの付帯サービスの利用を考える
  • エネオスカードではロードサービス以外でもお得さが半端ない
  • Pタイプがおすすめ

関連記事

  1. ライフハック

     離脱症状を抑えスパッと自力で禁煙に成功する方法

    FXなど投資をはじめたいけど元手がないという喫煙者の方はまず禁煙にチ…

カテゴリー

アーカイブ

  1. FX

     ゲイトレーダーもってぃーのゲイスキャFXを買ってみた
  2. ライフハック

     離脱症状を抑えスパッと自力で禁煙に成功する方法
  3. FX

     2019年10月7日の週 ドル円予想
  4. FX

     2019年9月30日の週 ドル円予想
  5. ライフハック

     【必見】JAFと保険付帯のロードサービス両方必要?
PAGE TOP