FX

 ゼロから始めるFX生活 チャート分析編

FXを始めたばかりの方々はどこで買ってどこで売れば?これから上がるのか下がるのか?などなど疑問がたくさんあると思います。

そこで私が普段行っている相場の環境認識方法などを含めて簡単に説明していこうと思います。

 なぜチャート(値段)が変動するのか?

簡単に説明するとすれば需要があるかないかという事です。

決してこれだけではありませんが簡単に説明します。

為替取引というのはそもそも貿易などで他国の通貨が必要な企業などが両替する取引です。

日本のアメリカから輸入する企業が大量に円をドルに両替した場合ドル対円でドルが値上がりします。

逆に輸出企業は売り上げのドルを円に両替するのでドル安方向に動きます。

ただどちらの場合も優位性の高いところで両替したほうが為替差益によるリスクを減らすことができるので

ドルが必要な企業はできるだけドルが安い時期に多く両替したり予約注文を入れたりします。

逆も同じでです。

このような需給のバランスで価格変動が起きています。

その他各国各通貨の情勢や経済状況で安全な通貨は値段が高く、情勢不安などの時多く買われ値段が上がることもあります。

これらはあくまで一例で簡単に説明していますが

こういう要因での値動きを分析することをファンダメンタルズ分析と呼びます。

そしてこの通貨の値動きを利用して利益を出すFXトレーダーが利用するのがテクニカル分析というものになります。

 テクニカル分析とは

いろいろな状況を判断するインジケーターやオシレーター、過去の偉人達が提唱してきた理論等を用いて過去の流れから未来の値動きを予測する方法です。

当然ファンダメンタルズの分析も重要度は高いですがテクニカル分析を極めれば突然のニュースなどでの突発的と思える値動きもある程度事前に予測することも可能です。

よく使われるテクニカル分析方法の一例

  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • 水平線
  • トレンドライン
  • チャネルライン
  • フィボナッチ
  • エリオット波動
  • ダウ理論
  • サイクル理論
  • ハーモニクス
  • ボリンジャーバンド
  • MACD
  • RSI
  • ストキャスティクス

まだまだ他にもたくさんあります。

それぞれどういう状況に向いているか、何を示しているかなどいろいろで同じものを使っている人でも使い方が違ったりします。

これを使えば誰でも簡単に勝てるような物はありませんのでそれぞれどのような働きをするか、どれが自分に合っているかなど勉強や検証がものすごく大事になってきます。

これらをうまく組み合わせ検証を繰り返し自分の納得いく結果が得られるところまで持っていくことで自分のオリジナル手法を構築でき、今後の値動きを予測したりエントリーポイントを見つけイグジットポイントを決めるという事が手法にのっとって行えるので利益を積み重ねていくことができるようになってきます。

 私が使っているテクニカルの一例

始めたばかりの人は何から手を付けていいのかものすごく迷ったり悩んだりすると思いますので私が相場環境の認識に使っているものをいくつか簡単に紹介します。

 サイクル理論

安値から安値を1サイクルとしこの条件の時次の安値がどの位置に到達するかは読み解く理論です。

これはある期間の大きなながれを確認し、どういう値動きをこれからしていくだろうかという事を予測するのに役立ちます。

簡単に説明すると

週足のサイクルは約15~21本分
日足のサイクルは約34~46本分
4時間足のサイクルは約59~81本分

このローソク足の本数で1サイクルが終わる可能性が高く

高値の位置でこのサイクルがスタートの値段より上で終わるか下抜けるのかが予測できます。

大きな足であればあるほど的中率が高いので参考にされる方は過去チャートに当てはめて検証してみてください。

2019/10/14 ポンド円日足

赤の縦線が私が引いているサイクルの周期になります。

 チャネルライン

チャートを観察していくと上がり下がりを繰り返しながら値段を切り上げて行ったり切り下げて行ったりしていることが多々あると思います。

上がり下がりの値幅の上限と下限に合わせて線を引くと平行線になります。

ドル円 日足

このチャネルラインを利用することで直近の値幅がわかりいろいろな使い方ができます。

一例として

チャネル下限で反発→ロングエントーリー→チャネル上限付近で利食い

チャネルライン上限ブレイク後、ブレイクしたチャネルラインでサポートされるのを確認→ロングエントリー

など使い方が色々あるのとかなり有効に働くので相場認識にも役立ちます。

 水平線

ドル円 日足

ロウソク足が同じ値段で何度も抑えられているところに水平の線を引くと

未来でもその線の位置でサポートされたり、レジスタンスされたりします。

この動きを利用して反発狙いの逆張りエントリーや

抜けた後サポートとして機能した場合順張りエントリーをすることができます。

 テクニカル分析の方法

先ほど私が使っている分析方法の一部を簡単に紹介しましたが

簡単に説明してもそれぞれ使い方、読み取り方が複数あったりします。

その他にもインジケーターやオシレーターも多数あり

テクニカル分析の正解、聖杯などは実際ありませんし

人それぞれトレードする時間や資金、スキャルピングなのかスイングなのかでも

使いやすいもの、マッチするものも変わってきます。

結論からいうと自分でいろいろ試し、勉強し、検証を繰り返し手法と呼べるところまで昇華しなければ勝ち続けることは難しいと思います。

ただ一度確立してしまえばある程度勉強は続ける必要性はありますが

人生を非常に豊かなものに変えることができますので

できる限り役に立つ情報を紹介していこうと思っていますので参考にしていただいて

ぜひ努力を惜しまず勉強と検証に励んで頂けたらと思います。

おすすめ検証ツール

Forex Copier

おすすめFX業者紹介

関連記事

  1. FX

     ゼロから始めるFX生活 FXをはじめるための5つの準備

    FXをはじめてみたいけど何をどうすればいいかわからないという方はこち…

  2. FX

     FX億トレーダーアキラのミラトレで本当に億れるのか検証してみた

    今回は最近TwitterのFX界隈で話題?の億トレーダーアキラさんに…

  3. FX

     2019年10月28日の週 ドル円予想

    先週はあまり動きがなくヨコヨコな感じで大きくボトムを付けることもあり…

  4. FX

     2019年10月14日の週 ドル円予想

    先週の予想は下落のシナリオが崩れ108.5円を上抜けたことにより日足…

  5. FX

     FX海外業者比較 お勧めの3つの業者

    FXをはじめてみたいけどどの業者ではじめればいいのか?そもそ…

  6. FX

     2019年9月30日の週 ドル円予想

    先週はほぼ分析どおり107.4円を抜いていき106.9円付近まで下落…

カテゴリー

アーカイブ

  1. FX

     2019年9月23日の週 ドル円予想
  2. FX

     ゲイトレーダーもってぃーのゲイスキャFXを買ってみた
  3. FX

     2019年9月30日の週 ドル円予想
  4. FX

     2019年10月7日の週 ドル円予想
  5. FX

     FX億トレーダーアキラついに破産か(+o+)
PAGE TOP